JEF UNITED応援BLOG

by amploud_17
 
カテゴリ:観戦記( 35 )
 
大阪朝鮮×野洲
行ってきました!高校サッカー準々決勝。
完全な防寒対策をして向かったがそれでも寒い!(笑)
2試合は耐えられないだろうと思い、第一試合は欠席。

2試合目に合わせて到着。緑道駐車場はなかなかの混み具合。
臨海のメインスタンドから試合を見るのは新鮮。
ジェフのマフラーを巻いた人が結構いた。俺もその一人(笑)

大阪朝鮮と野洲の試合がキックオフ。
とにかく青木だけをカメラで追ってみる。
一人を追い続けるというのはあまりジェフの試合ではないのでこれまた新鮮。

試合は大阪朝鮮の守備が堅く野洲はなかなか突破口が見出せない。
野洲は個人技はあるがうまく生かせていない印象が残った。
両サイドに楠神、乾と突破力のある選手がいるのに
あまり中盤からサイドにボールが出てこないし、
青木を含め、ゴールから遠い位置で突破を試みてボールを奪われたり、
フリーの味方がいるのにパスせずドリブルで突っ込んだり、
チャレンジするべき状況の判断が良くない感じがした。
その反面、ゴールに近い位置ではその強引な突破への姿勢は
相手にとって脅威となっていた。

写真は青木の突破のシーン。
b0049764_0525046.jpg

ハーフタイムに気づいた事。
野洲側のゴール裏にはこんなダンマクが出ていた。
b0049764_0532189.jpg
「WELCOME TO JEF UNITED KOTA AOKI 9」

前半0-0で折り返し、後半に大阪朝鮮に先制を許してしまう。
ここまで無失点で勝ち上がってきている大阪朝鮮が相手だけに危機感を感じるが
野洲はFWの滝川を投入し、乾の突破からその滝川が同点ゴール。
さらに青木がGKと1対1となるがゴールならず。
あれが決まっていれば見に来ていたジェフサポの心を鷲掴みだったのに非常に惜しい。

延長はなくPK突入。
野洲は1人目の金本が成功。
大阪朝鮮はGKが一番手で出てきて失敗。
野洲の2人目は青木。左足で見事に成功。
その後。大阪朝鮮2人目○、野洲3人目○、大阪朝鮮3人目×でさらに有利になる。
野洲の4人目が止められるが、大阪朝鮮の4人目が失敗して3-1で野洲の勝利。

野洲高校が初のベスト4.国立への切符を掴みました。
青木のゴールが見れなかったのは残念ですが、
俺の今年の初観戦の試合で負けなくて良かった(汗)

b0049764_0533632.jpg

さらに2階席からデカいジェフの旗も登場。
最初は青木くんだけだったが選手全員が集まりました。

この試合のPHOTO GALERRYはコチラから。
95%が青木の写真で占められています(笑)
9番をつけているのが青木です。

明日の準決勝は欠席。決勝に野洲が残ったら観戦に行く予定。
[PR]
by amploud_17 | 2006-01-07 01:22 | 観戦記
 
名古屋戦観戦記
電車に乗り遅れて優先入場に遅れそうになったが
今回は荷物検査があったおかげで入場に時間がかかったみたいで
なんとか優先入場の列がなくなる前にフクアリに到着(汗)

今日のマッチーデーカードは予想通りタッキー。
b0049764_03276.jpg

コンコースにジェフィ&ユニティが現れ、人だかりができる。
いつもの展示スペースにはJEF PRESSのバックナンバーが置かれていた。
オーロラビジョンではジェフの2005シーズンのDVDの販売告知があり、
来週にも公式サイトで受付開始。発売は2月の予定。
ナビスコとリーグ戦を収録予定という事でした。

30%OFFセールを期待していたが、売れ残りのTシャツ系ばかりで非常にがっかり・・・
反面、通常のグッズ売り場が大盛況。
友達が買おうとしたプレーヤーズTシャツは全選手が売り切れだったらしい。
満員が続いてグッズ収入が増えて、スタジアムには黄色が増える。
徐々に素晴らしいスタジアムへの道を歩んでいる感じがした。

「果報は勝って待て」
せきめんが持っていたゲーフラの通り、ジェフは自力での優勝がないので
勝って他の会場の結果を待つしかない。
目の前のピッチに集中して試合がキックオフ。
b0049764_035847.jpg

先週ひいた風邪が感知せず喉の調子が悪い。全然声が出ない。
リーグ戦は最後なのに全力で応援できなかったのがやや残念。

ジェフの攻勢で試合は進む。
前節スーパーアシストしたイリアンが攻撃参加し続けるが
ゴールには結びつかず前半終了。

ハーフタイムに他会場の結果を調べると鹿島と浦和が2点のリード。
逆転優勝の可能性がほぼなくなり、あとはこの試合でジェフが勝つことだけを願う。

後半も圧倒的にジェフのペースで試合が進むがやはりゴールが遠い。
写真は阿部のFKの場面。
b0049764_04478.jpg

オフサイドやクロスバーに弾かれたりともう少しの場面が続き、
こういう決定機を外し続けると失点してしまうのがサッカーの常。
86分にカウンターからまさかの失点。
肝心な所で勝てないジェフの悪い癖がまた出てしまうのか・・・

b0049764_041130.jpg
巻をマークしようとする秋田を邪魔する智の図。

b0049764_041753.jpg
ロスタイム、ペナルティエリアの中で倒されてPKを獲得。
PK成功率100%の阿部がこれを決めて同点。
同点に追いつかれた名古屋の選手達は
センターサークルにボールを戻そうとせずあからさまに時間稼ぎ。
こういう志の低さが自らの悲劇を招いたのか、
それともジェフの勝利への執念からかジェフに決勝点が決まる。
開幕戦の名古屋で今季初ゴールを決めた坂本が決めた!
満員のフクアリで最高の結末が待っていた。

優勝はできなかったけど、試合中は他会場の結果を見なかったので
目の前の試合に集中できてとても良かった。

b0049764_042256.jpg
試合後に阿部キャプテン&淀川社長が挨拶。
b0049764_042837.jpg
全員で場内を一周。オシムはいなかった。
b0049764_04333.jpg

b0049764_044485.jpg

b0049764_044975.jpg
中島と智。写っていないけど浩平も一緒。
本当にこの3人はいつでもどこでもいっしょにいる(笑)
ブログではこの3人と仲良いイメージがある巻はスタジアムではあまり一緒にいない(笑)

あ、忘れてた。今日の智。
また悪い智に戻ったような・・・今日のスタメンでシュート打ったないの智と巻だけだぞ。
ラインギリギリのボールを簡単に外に出してしまうのと、
受け手に優しくないパスをする時はだいたい悪い智。
さらに角田に1対1で完璧に抜かれたりと
まだまだサポから全幅の信頼を得るには至っていない。
イリアンのロングパスに→智の飛び出しというホットラインができそうな予感はして、
それには凄い期待している。

b0049764_045435.jpg
来年一番期待している選手。市原充喜の写真で終わり。

一年間お疲れ様でした。そして来年もよろしくお願いします。
[PR]
by amploud_17 | 2005-12-04 00:57 | 観戦記
 
浦和戦観戦記
この日の蘇我駅は赤いというほどではなかったが、
黒と赤の配色の上着を着ている人が多かった。
いつも通り優先入場開始前にスタに到着。
マッチデーカードは巻。
b0049764_0355622.jpg
入場して速攻で優勝記念グッズを買いに行く。
ニットマフラーとフォットブックを見事にゲット。
マフラーは高いだけあってちゃんとした出来栄え。
フォトブックは40P(ポスターつき)で2200円はちょっと高い気が。

メルマガで告知されていたようにジェフィ&ユニティの撮影にsammyブースへ。
グッズを買いに行くときに通った時には
展示と言ってもパチスロの試遊台があるわけでもなく、
ジェニーのコスプレしたお姉さんが2人いるだけで
ぱっとみた感じではアラジンのパネル以外は何もない状態で
係りの人が「どうぞご覧ください」と声かけていたがが
当然、誰も寄り付かずの状況でした(笑)
スポンサー様は大切にしましょう←おまえもな。
だって「コスプレお姉さんとそれを撮影している俺」の構図は絶対やばい。
そんな姿をサカチさんに見られた日にゃあ、
「おいしいネタ頂き」とばかりにブログで晒されてまた好感度ダウンですよ(笑)

ところがジェフサポに超人気のわんこ兄弟が登場した途端に人が集まり、
何のイベントをやるのかと思ったらサポーターと一緒に写真撮影が始まった。
この展開は俺的に最悪。だって一般人が写ったら全部写真ボツじゃん・・・
何とか一般人が写らないように撮った犬と美女の不自然な写真をどうぞ。
b0049764_0361740.jpgb0049764_0362479.jpg

それが終わった頃に友達がスタジアムに着いたので席に戻る。
アウェー側はもう真っ赤で通路も見えないくらいに密集。
予想通りアウェー自由席以外のチケでゴール裏に集結したようだ。

選手がアップに登場し、応援を開始。
浦和が応援を始めると当たり前だが圧倒される。
ただ浦和の凄い応援を直接感じれたのは良いことかも知れない。
現にジェフのゴール裏は浦和に負けないようにいつもよりも声が出ていた。
浦和には勝てなくても当社比150%みたいな感じ。
チームと同じように応援も相手に合わせて力を出してる感じがした。
選手もサポもメンタリティは似ているなと。
今日の声量が常時でるようにするのもゴール裏の課題かな。
そうすれば横浜戦や磐田戦で「ホームなのに応援で負けてる」なんて言われない。

ほとんどの人がチームカラーを身にまとい
ゴール裏は総立ち、指定席でも当たり前のように応援に参加する浦和の応援をみて、
フクアリに来ている人で普段は応援に興味のない人が刺激を受けて、
少しでも応援に参加するようになってくれればいいな。

今日のスターティングイレブンの表紙は智です。
もらい忘れた人はUNITED ONLINEへの掲載を待ちましょう。
円陣ダッシュ。これを撮影しないと始まらない。
b0049764_0422980.jpg
(今回の試合は撮影は基本的になしです。応援に集中すると撮影を忘れるため。)

試合の序盤は中島が不安定でかなりドキドキしたが、
思ったよりもしっかりとした試合ができていた。
スタジアムでは押し込まれている時間が長く感じたが
実際はシュート数や支配率はほぼ同じだった。

疑惑のゴールの後にマリオがキレだして嫌な予感が、
大分戦の二の舞だけはと思ったら案の定カードをもらう・・・

ジェフにも浦和にもチャンスがあり、
最後は運も味方してジェフが勝利を得た。
ゴールの後に選手もサポは横浜戦を思い出して気を引き締めた。
サポも浮かれすぎる事はなく、選手はうまく時間を稼いで試合を終わらせた。
FC東京戦で2失点したディフェンス陣は浦和を完封した。
今までの経験が今日の試合に繋がっている。

b0049764_0375371.jpg
今日の攻守の主役の晃樹と中島。
晃樹は積極的に攻撃をしかけ決勝点を生み、
中島は序盤こそ怪しげなボール扱いとパスミスでサポの不安を煽ったが
その後は守備でも攻撃でも大活躍。

b0049764_0383585.jpg
勝利のでんぐり。
そしてハースの万歳連唱。

b0049764_0385038.jpg
ヒーローインタビューを終えて一人で挨拶に来る晃樹。
ゴール裏で万歳連唱し速攻で去っていった。あまりの速さにピンボケ。

早く出た場合の帰りの混雑具合をチェックするために
その後速攻でスタジアムを後にしてみる。
いつもに比べて空いていた。20分くらいで駅まで着けたかな。

b0049764_0391577.jpg
今日のベストショット。
決勝ゴールは勇人に当たって入ったと勝手に思って勇人ばかり撮ってた(笑)

b0049764_0393195.jpg
今日の智。
晃樹のゴールは智のアシストになるのかな?(笑)
2回も痛む場面があってケガが怖かった。
サイドで持ち過ぎてカウンターくらったり、
逆にジェフのカウンターの場面で判断が遅さが目立ったり、
どうも悪い部分の印象が強いが(笑)
凄いアーリークロスもみせたし、(2回目に痛む直前)
以前よりも前に向かう積極性が出てきたと思う。
左サイドのときは中に切れ込んでシュート狙うのもいいのではと思う。
[PR]
by amploud_17 | 2005-11-26 00:46 | 観戦記
 
FC東京戦についてとか
J SPORTSで放送している木曜Footで優勝争いの特集があったのですが
上位3強の争いという事でジェフは優勝争いから外されてしまいました。
残り4試合で勝点差7。順位も5位。ここから逆転優勝するのは至難の技。
でもサポ的には可能性が残っている限りは諦めるべきではない。
今週末はFC東京とアウェーで対戦。
今年はナビスコを含めて3戦3勝。非常に相性が良い。
3戦のうち2試合で3得点を決めているガビは行方不明(汗)
FC東京は上位には食い込めていないが8戦負けなし。
ただ引き分けが多いのはジェフと同じで、
去年までのこの対戦カードは、
示し合わせたように引き分けを繰り返していただけに油断はできない。
ここで勝点を落としたら微かな可能性すら消えてしまうのに
負けなし同士で引き分けっていう無難な結果が一番怖かったりする。

ジェフはイリアンが出場停止で布陣の予想自体が困難。
阿部が下がるのか、水本を入れるのか。
リベロだったが中島浩司だった時の覚悟もお忘れなく。
複数のポジションをこなせる選手が多いジェフですが、
あちこち入れ替えるのが少ないのがオシムだと思っていたら、
磐田戦ではポジションの入れ替えががかなりあって、
もはや予想するだけ無駄な気が(笑)

そうそう、昨日のTGで智と羽生は無事に出場したようですよ。


最後に更新情報
・31節のTV中継。MXTVで生中継です。
・磐田戦の写真を追加。ブログ未使用のものもあります。
・応援追加。なぜかUPするのを忘れていた「俺たちと行こう」です。

応援といえば巻の応援の歌詞は
「オレ」なのか「オオ」なのかどっちなんだろう?
俺は確か「オオ」と聞いたような記憶があるが
録音したものを聴くと確実に「オレ」と歌っている・・・
勇人の応援も最初は「オレ」だったのに今は「アレ」だし。
[PR]
by amploud_17 | 2005-11-18 20:40 | 観戦記
 
磐田戦観戦記
開場直後の日が当たっているときは暑いぐらいだったのですが、
試合が始まる頃に寒くなって薄着で見ていた俺は見事に風邪をひきました。
家に帰って薬を飲んで寝たら良くなったので観戦記を。
まだTV放送の映像は見ていないので勘違いなどあると思います。
そういえば先日の天皇杯のレポート間違いがいっぱいありました(笑)

優先入場前にスタジアム到着。完売だけあって今日は人が多い。
入場の際に優勝記念のポストカードをもらう。
マッチデーカードはポペスク。
b0049764_1441133.jpg
開場後すぐにグッズ売り場にいってカレンダーと優勝記念Tシャツを購入。
グッズ売り場は凄い人の量でした。
羽生の100試合記念Tシャツはすぐ売り切れた様子。

コンコースでは優勝カップの展示もあり、
こちらも撮影するための行列ができていました。
b0049764_1233665.jpg

優勝の報告があったみたいですがコンコースにいたのでわかりませんでした。
ゴール裏では新曲の練習が行われていました。
どんな曲だったかは忘れましたが、どこかで聞き覚えのある曲でした。
最初の輪唱みたいのはいらないと思う。

それと今回はネイサンズのホットドッグを食べました。
全米No.1という売込みをしていました。
パンにソーセージがはさまっているシンプルなもので1個300円。
味は普通かな(笑)
カレーやタコスと違って空いていてすぐ食べられるので
「あまり時間はないが何か軽く食べたいな」という時にはいいかも。

選手が入場。やはりサインボールの投げ込みがあるといい感じ。
間近に来たハースを撮影。
b0049764_1234682.jpg

今日もやたら早めから開始させられてアメグレを歌い、フクアリ初のビッグフラッグも展開。
羽生と勇人に100試合出場記念の花束が贈呈され、円陣ダッシュしてキックオフ。b0049764_1235317.jpg

ジェフの選手に疲れがあるのか磐田の選手が元気すぎるのかわからないが、
前半から選手の動きに差を感じた。それでもCKから阿部がゴール。今季10得点目。
b0049764_1241234.jpg

続いて智→イリアンで勇人がゴール。
アシストしたイリアンに飛びつくマリオ。主役の勇人は不在の写真(笑)
b0049764_1245143.jpg

今日のベストショットは巻。巻の応援歌も収録したのでのちほどUPします。
b0049764_1252023.jpg

今季負けなしの磐田から幸先よく2点を奪った事で油断していたら村井を起点に2失点。
村井との茶野にはとにかくブーイングしていたが見事にやられた。

ナビスコ、天皇杯と120分の試合を連続で行った選手たちは
疲労で足が止まりボールを取ってもロングボールを蹴りこむ事しかできず、
林のスピード以外に期待は持てなかった。
それでも最後の力を振り絞り最後は猛攻を見せたが無念のタイムアップ。
b0049764_1252821.jpg

いつもならこの状況で最後まで諦めずに全力で攻めるジェフだが、
今日は疲労からそれができなかった。
むしろ逆転されたなくて良かったのかも知れない。
ただうリードをうまく守りきる術を身に着けないと優勝にはいつまで経っても届かない。
試合内容はわかりませんんがおなじ状況のG大阪は浦和に勝っているわけだし、
疲れはあっても何とかできたのではないかと思ってしまう試合でした。
悔しいのは選手も同じなのでこの失敗を次節以降そして来年に生かして欲しい。

首位G大阪が勝った事で勝点差が広がり、逆転優勝は厳しくなってしまったが、
なんとか残りの4試合を勝利で飾って一つでも上の順位を狙いたい。
満員のフクアリで勝てないというジンクスができないためにも
次のフクアリ開催である浦和戦は絶対に勝とう!
そして来週のFC東京戦も。東京とはナビスコとリーグで3戦3勝だが油断は禁物。
イリアンが2試合出場停止が攻撃にも守備にも影響があるのは間違いないが、
イリアンの穴を全員で埋めてしっかりジェフのサッカーをしよう。

今日の智。
b0049764_2463990.jpg
スターティングイレブンではトップ下になっていたが、
左サイドを担当。攻撃に積極性があって得点にも絡んで良かったが、
天皇杯を休んだのに90分持たなかったのは・・・
[PR]
by amploud_17 | 2005-11-13 02:40 | 観戦記
 
優勝報告会レポート
観戦記よりも先に優勝報告会のレポートを上げました。
試合の観戦記は試合の録画をみた後にゆっくり書く予定です。

優勝報告会レポート
[PR]
by amploud_17 | 2005-11-06 16:03 | 観戦記
 
大分の魔法を解け
シャムスカ監督就任以来6戦負けなしの大分。
残留争いをしていたチームを短期間で
ここまで変えたシャムスカの手腕は本当に素晴らしい。
急に技術が上がったり、スタミナが増えたりはしないので、
監督が選手を、選手は監督をお互いに信頼し、
結果を出す事で、選手は自信を持ってプレーし、それがまた結果に繋がる。
この好循環が大分に勢いを生んでいる。
オシムですら「メンタルは簡単に変えられない」と言っているのに、
ここまでチームのメンタルを変えてしまったシャムスカには脱帽する。

ただ急激な状況の変化に自信が慢心になった選手もいたようだ。
「どことやっても負ける気がしない」
誰の発言かはわからないが、あまりに短絡的で相手への敬意を欠いた発言だと思う。
何もかもがうまく行く事で勘違いも生み出した。

シャムスカ体制になってからの大分の試合は見ていなかったが、
ダイジェストやFootの大分特集、あるいは雑誌などの媒体で情報は得ていたので、
今日のような試合になる事は予想がついていた。
リスクを犯して攻撃に前に前に出て行き、
攻守の切り替えが早く守備では激しく当たりに来る。
ジェフは攻撃でも守備でもかなり手を焼いた。
今までの大分とは明らかに別物で、
ここまで大分に負けなしのジェフとはいえ
簡単に勝点を計算できる相手ではなくなった。

お互いに相手の良さを消しつつも、
自分たちの良さを最大限に出そうとしてアグレッシブに戦った。
試合は大半の時間が0-0で過ぎ、勝負は1点を巡る好ゲームとなった。
後半30分の前後に大分がゴールまでもう少しという所まで迫るシーンが増えた。
この苦しい時間帯を凌いだ事によって流れはジェフに傾いた。
最近のジェフはこの時間帯でよくゴールを奪う。
逆に自信に満ちていた大分はゴールを奪えない事で
自信がだんだんと揺らいでいき勢いという「魔法」が解けていく。
阿部のFKからストヤノフ→勇人でジェフが先制。
これでもう勝負は決まった。
大分は最後まで諦めなかったが奇跡を起こすだけの力はなかった。
ジェフは最後まで集中を切らさず、うまく時間を稼いで試合を終わらせた。

オシム体制3年目のジェフとシャムスカ体制7試合目の大分。
チームとしての完成度の経験の差が勝敗をわけた。

ただ、7試合目でこれだけの内容を見せる大分には素直に感心するし、
初敗北の後の次節で勢いを失わずに素晴らしいサッカーを見せるとしたら、
来年の大分は想像以上に怖い存在になりそうです。
その時はもう「魔法」ではなく、紛れもなく「実力」のあるチームになっている。
今日の試合はTV観戦でしたがもの凄く面白かったし、
楽しみな対戦カードを増えて非常に嬉しい。
ジェフと大分の試合は必見と言われるような好試合をこれからも見せて欲しい。
[PR]
by amploud_17 | 2005-10-29 18:10 | 観戦記
 
サテ横浜戦観戦記
サテライトリーグの試合を見てきました。久々の姉崎です。

到着するとちょうどトップの選手が登場。
智と林が並んでピース。
b0049764_17483234.jpg
こんな写真をどこで使うんだ>カメラマン
昨日欠場した羽生は不在。

トップは軽い調整のみで1時間ほど練習。
b0049764_17485168.jpg
アップ用シャツに「古河スカイ」と入っている人と入っていない人がいますね。
(注意:姉崎はネットがあるので写真の一部がぼやけている部分があります。)

サテのメンバーが現れ、アップを開始。
密かに応援している堀川を撮りまくる(笑)
b0049764_17491756.jpg

俺のHNの由来となった当ブログの最初のイチオシである櫛野も撮影。
b0049764_17493070.jpg
櫛野のユニ姿は久々です。

【スタメン】
GK:櫛野
DF:市原、瀬戸、水本
MF:中島、芳賀、藤田、楽山、水野
FW:要田、高橋

b0049764_17494487.jpg
こんなに良い位置から集合写真が撮れるのが嬉しかった。
しかし、ネットがあるせいで後列の選手の顔がボヤけている・・・

横浜は久保、清水、大橋、山瀬(弟)、榎本哲と結構豪華な布陣でした。

オシムが登場。なぜかイスを持って立って観戦していた。
b0049764_1750448.jpg

試合は高橋がGKをかわして先制。
続いて左からのクロスを要田がワントラップからシュートで追加点。
さらに晃樹のシュートが決まって前半で3-0。

後半、PKを決められて3-1。
櫛野がPKを止める奇跡の瞬間を見ることができず。

後半、瀬戸に代わって堀川が投入。
藤田がストッパーに下がり、堀川が右サイド。
堀川は2度ほど良い位置でボールを持てたが、
判断が遅くてチャンスに繋がらず。

充喜が倒されてPK獲得。
それを充喜が自ら決めて4点目。
個人的注目株の充喜の得点が見れてラッキー。
b0049764_17502098.jpg

終盤にさらに1点を返されるが4-2で試合は終了。
その他に交代で出場したのは岡本、中原、川淵、竹田。

最後に堀川のユニ姿。
b0049764_17502756.jpg
[PR]
by amploud_17 | 2005-10-23 17:53 | 観戦記
 
神戸戦の観戦記
今日も雨。ホーム開催が5戦連続で雨~。

長いのでいきなり畳みます。
[PR]
by amploud_17 | 2005-10-23 01:11 | 観戦記
 
横浜戦観戦記(長いよ)
今日、起きたらワクワクがドキドキになり
緊張のしすぎて軽く気分が悪くなったamploudです(笑)

行きの電車は総武線の段階ではジェフサポはあまり見当たらなかったが、
外房線の電車内にいた人のは大半がジェフグッズを身に着けていた。
蘇我に到着。かなり混雑していて、徒歩8分ではとても着かない。
進むスピードは遅いせいか毎回信号を止まる・・・
ほとんど車通らない通りもあるのに・・・
それもたいしたストレスにはならず、スタジアムに到着。
どういう風に並んでいるのかまったくわからず。
優先入場が北1ゲートと書いてあるが北1ゲートの付近には誰もいない。
通常の入場口(北2)の列の方に歩いていくとPACQUEさんと遭遇。
係員によるとゲートから離れた位置に列が作られていた。
次から「優先入場の列はこちら」とか看板立てとけよ。

そして、いよいよ入場が開始。
ついにジェフの新たなる一歩が始まると思うと気持ちが高ぶる。
荷物検査を済ませてスタジアムに入場。
今日のマッチデーカードは林。
b0049764_0542354.jpg

完全に雨を防げるわけではないが屋根のおかげで雨はそれほど気にならない。
少なくても雨の日の臨海に比べれば天国だ(笑)
さっそく記念グッズ売り場に直行。
だがすでに多くの人が群がっていて買えそうに無い。
というわけでメインスタンドのアウェー寄りの売店まで行ってみると
全然人がおらず余裕で購入。
WIN BY ALL!タオルマフラー、ミニクッション、UNITED特別号を購入。

その後、マリサポの友人とサマナラのカレーを食べようとするが
サマナラが想像を絶する長蛇の列。
結局、買うまで1時間がかかってしまった。
その頃、オーロラビジョンでジェフの歴史のVTRが流れていました。
新しい衣装を纏ったジェットスフィーンのダンスを見ながらカレーを食べる。
フクダ電子の社長が紹介されると「フクダ電子」コールが起こる。
ゴール裏にはフクダ電子に対する感謝の横断幕も展開。

そして、席に戻りいよいよ選手が練習のために入場。
やはり近くて感動する。臨海のゴール裏とは大違いだ。
そして驚いたのが選手紹介。運営シミュレーションの時から大幅にパワーアップ。
b0049764_0545545.jpg
参考に智の紹介画面。完全な静止画ではなく後ろのJEF UNITEDのロゴは動きます。
b0049764_0551669.jpg

OVER、アメージンググレイスの合唱を行う。光永亮太も登場。
アメグレ歌い終わった直後に選手入場となり、
ジェフ側からは歌がなくマリノスの応援が鳴り響く意味不明な状態。
ようやく「俺達と行こう」を歌い始めるが、何?この手際の悪さは。
サポがチームにお願いして入場前にアメグレを全員で歌うようにして、
肝心の選手入場の時に歌う応援がなくなるなんて本末転倒じゃないの?

鶴岡千葉市長のキックインセレモニーがあり、
b0049764_0553155.jpg
試合が始まる頃には雨もやんでいよいよ、キックオフ。
今日の円陣ダッシュが綺麗に撮れました。
b0049764_0555163.jpg
あと花火にはかなり驚かされた。
事前に予告なし爆発音がしたからテロかと思った(汗)

ジェフの記念すべきファーストシュートは勇人。
オーロラビジョンにはリプレイが放送。
でもジェフはCKとかもショートコーナーで素早くリスタートしちゃうし、
プレーが切れても、再開が速いからリプレイ見ている余裕はあまりないかも。
そして前半16分待望の先制点が生まれる。
決めたのはジェフの顔であるキャプテン阿部勇樹!
こういう記念のゴールというのは意外な人が決める事が多いので、
智や結城のプロ初ゴールとかを予想していたが、
一番絵になる人が決めてくれた。
前半は主にジェフのペースで試合が進む。
シュートもそれなりに打って、ピンチもあって面白い展開。
ピッチが近いのが楽しさを倍増させる。
反対側のピッチでのプレーもよく見える。
選手が間近に来ればこんな写真も撮れる。
b0049764_0553352.jpg

ハーフタイムに忘れていたスタンプを押しにいく。
フクアリではスタンプやワンコインに選手の登場はないのかな?

後半開始。
結城の攻撃参加が止まらない(笑)
b0049764_0555457.jpg

しかし、シュートという選択肢がないので怖さ半減。
それでも林の良いラストパス出したり、
ストヤノフといいDF陣の攻撃参加は確実にジェフの武器になりつつある。

23分、林に代わってハース投入。
続いて智に代えて晃樹投入。
しかし、その直後にドゥトラにシュートを叩きこまれて同点。
ハースは空回り気味でファールを繰り返し、
晃樹は攻守ともにプレーが不安定だった。
それまで守備が安定していただけに、交代で自ら流れを変えてしまった感も。

オシムはフクアリでもお馴染みのポーズで試合を見る。
b0049764_0582844.jpg

それでも「最後まで諦めない男」巻誠一郎が88分に決勝ゴール。
アシストはハース!ハースは確実に仕事をする。さすがの一言。
巻の左足のゴールも素晴らしい一撃だった。

しかし、最後の最後でジェフに悲劇が訪れる。
東京V戦、大宮戦、そして清水戦。
9月の3試合で残り時間の少ない場面でゴールを奪い劇的勝利を続けて来たせいなのか。
2-1になった時点で選手もサポも浮かれてしまった。
記念すべきフクアリの緒戦であの展開は出来過ぎなぐらいに素晴らしい状況だった。
まだ時間は残っているにも関わらず勝ちを確信してしまった。
30秒あればゴールを決めれるのがサッカー。
残り時間が少なくても1点のリードは安全圏ではないのだ。
坂田が坂本をかわしてゴール。
歓喜に包まれる横浜のサポーター席。
まもなく告げられる試合終了のホイッスル。

同点にされてからも巻の応援を歌い続けていたのには・・・
ゴールを決めて喜びすぎて失点するのを防ぐために
ゴールを決めてもオブラディとかやらなくなったんでしょう?
(今日はオブラディやったけど)
そういう考え方ができるなら、最後まで選手に集中するような応援をしなかったのか。
少なくとも同点にされた後に
「残り少ない時間でも切り替えて戦え」というメッセージを伝えることはできたと思う。
でも実際は巻の応援をダラダラ続けていただけ。
1失点目もそうだけど失点したらすぐに曲を変えたほうがいい気がする。
失点したらサポーターだってどうしてもテンションが下がるから声量も落ちるし、
改めて違う曲を歌う方が気持ちが切り替えやすいと思うのだけど。

試合後は場内を一周。阿部がインタビューを受けていた。
b0049764_0585529.jpg


今日の智。
b0049764_0584358.jpg
ドゥトラ相手によくやっていた。でももうちょっと目立つ活躍を。
[PR]
by amploud_17 | 2005-10-17 00:58 | 観戦記


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
山岸智プロフィール
生年月日 1983年5月3日
出身地 千葉県千葉市
身長/体重 179cm/68kg

ジュニアユース、ユースとジェフの下部組織に所属し、2003年にプロ契約、20試合2得点を記録。
2年目はケガに苦しみ12試合と少ない出場機会だったがMFながらも4ゴールと高いの決定率を見せる。
2005年に右アウトサイドのレギュラーを獲得。
2003年のワールドユース日本代表にも選ばれ、途中出場ながらも左サイドで2試合に出場した。

Jリーグ出場:62試合8得点
(2005年12月3日現在)

*当ブログは山岸選手本人と何の関係もありません。
なりきりブログでもありません。

智を長い目で見守る会
なのはなユナイテッド
さっちゃんの日常
走る犬はでんぐりガエル
非日常なニチジョウ

ジェフサポな日々
トップページにもどる
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
鹿児島実と野洲が決勝進出..
from 白浜スポーツチャンネル764
[サッカー] 勝って良か..
from さっちゃんの日常
[サッカー] 野洲、つい..
from さっちゃんの日常
[サッカー] 野洲、3回戦へ
from さっちゃんの日常
万博ただいま
from 非日常なニチジョウ@犬サイド。
シャムスカとマグノアウベ..
from Down by law(ダウ..
応援歌に思ふこと。。。 ..
from JEFファン会社員が、思ふこと。
ジェフ千葉、ジュビロ磐田..
from Kozmic Blues b..
天皇杯4回戦 ジェフ千葉..
from Kozmic Blues b..
極寒の中アツいゲーム。天..
from KOOJI MC(コージMC..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク